プランニングや企画書等のドキュメント作成のパートナー!

planning-partner.com

サービス概要

従来の「自分で考えるか?」「自分で書くか?」それとも、外部のプランナー等の「他人(ヒト)に頼むか?」内部(派遣・バイト…等)や外部(企画書作成代行…等)の「他人(ヒト)に頼むか?」…といった二者択一の考え方ではなく、パートナーとして一緒に考え(=プランニング・ワーク)、まとめ上げる(=ドキュメント・ワーク)…、という新しい考え方、それが我々のご提案する「プランニング・パートナー」です。

プランニング・ワーク

現役のプランナー、デイレクターが、「パートナー」としてご担当者と案件全体の内容や進捗を共有することで、いつまでに何が必要か?どういった提案が求められているか?を一緒に考え、企画・提案業務をサポート・アシストします。ご担当者が、全部自分でやる(=丸抱え)よりも、低い負担(負荷)で、全部外部に頼む(=丸投げ)よりも高い密度で、業務を行うことが可能となります。

ドキュメント・ワーク

日常の企画・提案業務の中で発生する様々なドキュメント類を、上記「プランニング・ワーク」の延長として捉え、単なる「下書き原稿の清書」としてではなく、プランナー、ディレクターの立場から、最適なアウトプットを考え、実際にご提供します。

もちろん、実際の現場では、「プランニング」と「ドキュメント作成」が明確に分かれているわけではなく、1つのプロジェクト(案件)の中に点在していたり、別々のプロジェクト(案件)に跨って、横断的に混在していたりするので、具体的な業務としては、

  1. (webも含めた広義の)広告・宣伝・販促プロモーション関連のプランニング、ディレクション業務
  2. (webを中心とした狭義の)オンライン関連のプランニング、ディレクション業務
  3. 商品開発・営業ツール関連のプランニング、ディレクション業務
  4. 上記1~3に伴うドキュメント作成、ツール作成業務
  5. 上記1~3に伴うデザイン・制作業務

~等が中心となります。

その他、想定される具体的な活用シーンについては、想定活用シーンをご覧ください。